電気主任技術者の仕事内容/電験三種は本当に転職に有利なのか?

電験三種に合格したら、どのような仕事が待っているのでしょうか?

「電験三種を取得したら、どのような仕事があるの?」
「電験三種を取ると、本当に転職できるのかな?」
「電気主任技術者の就職先はどんなところだろう?」

さまざまな疑問があるかと思います。ここでは、電気主任技術者の仕事内容と転職情報についてご紹介いたします。

電験三種 仕事

1. 電気主任技術者の仕事内容とは

一概に電気系の資格といっても、電気工事士とはまた違います。就職先などを知る前に、電気主任技術者がどんな仕事かについて、電気工事士との違いも併せてご紹介します。
 

1-1 電気主任技術者とは、電気設備の保安・管理をする仕事

電気主任技術者は、ビルや工場などの高圧電気設備の保安監督の仕事をするプロフェッショナルです。
電気主任技術者は、第一種・第二種・第三種と分かれており、第三種電気主任技術者は、「電圧5万ボルト未満の電気工作物の工事や、維持および運用の保安の監督」をすることができます。もっと詳しいことを知りたい方は、下記の記事もご参照ください。

電気主任技術者の仕事内容は、建物の受変電設備や電気設備の保守・管理がメインになります。勤務する会社によって、ホテル・工場・ビル・鉄道・マンションと携わる施設・設備は異なりますが、受変電設備や電気設備の保守・管理をするという仕事については、基本的には同じでしょう。

電気設備はいろいろなところに使われているので、さまざまな業種で活躍できる資格です。

電験三種 仕事

 

1-2 「電気主任技術者(電験)」と「電気工事士」の違いは?

電気主任技術者は、事業用電気工作物の工事、維持および運用のための保安監督者であり、電気工事士は、最大電力500キロワット未満の需要設備及び一般用電気工作物の電気工事の作業に従事する者になります。

この違いを簡単に言うと、電気主任技術者は、保安の監督をする仕事(監督)で、電気工事士は、500キロワット未満の工事に従事する仕事(プレイヤー)ということになります。

同じ電気系の資格ですが、仕事内容は全然違います。ご自身がどんな仕事をしたいかで、取得する資格も異なってきます。
 

2. 電験三種は就職に有利だと言われている理由

一般に、電験三種は転職に有利な資格だと言われています。なぜそう言われているのでしょうか?電験三種が転職に有利な理由を2つ、ご紹介します!
 

2-1 多くの業界で必要とされている資格

1つ目は、多くの業界で必要されているからです。よく設備関連の仕事しか無いと思われがちですが、そんなことはありません。電気は、さまざまなところで使用されています。

それこそ、工場を持っているメーカも必要ですし、通信会社などの設備管理の仕事もあります。また、ホテルや病院・大学・商業施設など、電気を使っている施設では、必ず保守・管理が必要です。

このように挙げただけでもたくさんの業種があり、多種多様な業界で活躍できる資格と言えるでしょう。
 

2-2 電気主任技術者は慢性的な人材不足

2つ目の理由は、電気主任技術者は慢性的に人材が不足しているからです。
電気主任技術者の人材不足は、経済産業省も中期的にわたった人材確保をする方針をまとめた程深刻です。

経済産業省が発表している実態調査によると、第3種電気主任技術者は、2045年に想定需要に対して4千人、第一種電気工事士が2020年代前半に同2万人、第二種電気工事士が2045年に同3千人程度不足することが分かっています。

不足している原因は、業務ビルの増加や、大規模な再生可能エネルギー設備が増加、高齢者層の退職などと言われています。

このように、電気主任技術者の就職先は無くなることはなく、転職に有利といえるでしょう。
 

電験三種 人材不足

 

3. 電験三種で転職活動をするとき気をつけること

転職に有利であることは分かりましたが、電験三種の実務経験が無いと転職することはできないのでしょうか?ここでは、実際に聞いた翔泳社アカデミーの受講生の声を元に、転職先を探す際に気を付ける2つのことを、ご紹介します。
 

3-1 ハローワークで求人を探さない

1つ目は、「ハローワークで求人を探さない」ことです。電験三種に求人は、ハローワークにはなかなか無く、インターネットの転職サイトでの募集が多くあるようです。転職サイトとはまた違った、人材紹介サイトでの転職活動も有効です。

人材紹介は、求人している会社に転職希望者を紹介し、採用になった場合、成功報酬として代金をもらうというしくみです。人材会社にはコーディネーターという転職のアドバイスをしてくれる人もいるので、一人で転職活動をするよりも、心強く、不安も少ないでしょう。

また、人材会社の方が成功報酬になっているので、求人を出している会社にとっても良い人材だけを集めることができます。そのため、ハローワークには求人を出さず、転職サイトや人材紹介サイトだけで募集をかけている会社も少なくありません。
 

3-2 経験がないからと言って諦めない

2つ目は、「経験がないからと言って諦めない」ことです。電験三種の求人でよく見るのが、「経験者募集中」という文字です。

確かに、電験三種は経験者の方が有利に転職できることは確かです。しかし、中には電験三種を取得途中ですが、電験三種の科目合格をしていることを伝えることで、就職が決まったという人もいます。

企業にとっては、慢性的な資格者不足ということもあるので、未経験者や電験三種合格見込み者でも来てくれれば嬉しいという企業も少なくないでしょう。経験者の文字にとらわれず、まずチャレンジしてみましょう!

転職で1番大切なのは、経験よりもあなた自身がどういう人物かどうかです。企業側も、1番はそこに注目していることを忘れないことです。

電験三種 転職

 

4. まとめ:電験三種は取得するとメリットがいっぱい

このように、電験三種を取得すると転職に有利になることをお伝えしてきました。また、転職に有利になるだけではなく、資格手当が出たり、キャリアップにもつながったりと、メリットはたくさんあります。

電験三種を取ろうか迷われている方は、ぜひチャレンジして、新しい第一歩を踏み出してみませんか?
翔泳社アカデミーでは、このような皆さまを応援しております。通信講座や過去問対策講座、講習会など、いろいろなニーズに答えた教材を取り揃えております。詳しくは、下記をご参照ください。

・電験三種に合格したいなら、翔泳社アカデミーの電験三種通信講座
・電験三種合格のノウハウが詰まった過去問対策講座

 
また、電験三種の効率的な勉強方法についても紹介しています。こちらの記事もぜひご参考ください。

・電験三種の勉強方法。初心者でも合格できた3つのポイント
・絶対してはいけない!電験三種に合格できない人の学習法。
 

資料請求【無料】
【無料】メルマガ登録
閉じる
美奈子先生の電験講座