電験三種の過去問対策講座で合格力がアップ!初心者向け講習会も開催

翔泳社アカデミーでは、通信講座以外にもさまざまなニーズに合わせた講座を用意しております。
初心者向けの講習会や、過去問の対策講座などご自身のレベルに合わせた講座を受講していただけます。

電験三種 美奈子先生

1. 電験三種合格のノウハウが詰まった過去問対策講座

翔泳社アカデミーは、長年の実績から電験三種攻略のノウハウがあります。多くの受講生からいただいた悩みを聞き、どこで1番悩んでいるかを分かっています。
テーマ別攻略講座「計算問題を攻略しよう!」シリーズは、そんなノウハウが詰まった講座になっています。

受講生から、「初めて見る試験問題が解けない」といった悩みを大変多く頂きます。1番多くいただく悩みと言っても良いかもしれません。この悩みにお答えしようとこの講座を開発いたしました。
 
 

1-1 計算問題が電験三種攻略のカギ

まず、初めにお伝えしておきたいことが、電験三種の計算問題の重要性です。電験三種での計算問題の割合は、下の通りです。

電験三種 計算問題
特に理論での計算問題の割合が非常に多いと言えます。それでは、理論だけが計算問題が重要なのでしょうか?答えは「NO」です。

電験三種の文章問題は、英単語のテストのように単純に暗記したことがそのまま出題される訳ではありません。今まで出題されたことのないような法令文や発電所の仕組みが出題されます。つまり、文章問題で満点を取ることは、実質不可能なのです。

表からも分かる通り、どの科目も文章問題の割合は6割以上ありません。つまり、どんなに文章問題を頑張っても、合格点である60点は超えられないのです。

合格するためには、計算問題で得点することが必要不可欠です。計算問題が苦手な人でも、この事実は変わりません。合格するためには、計算問題から逃げずに、正しく対策を取ることが必要なのです。
 
 

1-2 合格するためには、自分で問題が解ける力が必要

計算問題の重要性が分かったところで、次はどのように計算問題を攻略するかです。ここが、「初めて見る試験問題が解けない」という悩みを解決するポイントになります。

よく解説を覚えてしまう方がいらっしゃいますが、これは間違った攻略法です。電験三種は、過去問と同じ問題は出ないので、同じことを求める問題でも違う聞き方をしてきます。この場合、「解説を覚えてしまう」方法だと対応できず、「初めて見る試験問題が解けない」状況になってしまうのです。

計算問題は問題文を読み、その文から式を立て、計算をすることで解答を得られます。解説を覚えてしまうと、「式を立てる」段階の「なぜこの公式を使ったのか」ということが分かっていないのです。

これこそが「自分で問題が解ける力」であり、これを習得しなければ合格することができません。では、どのように習得するのでしょうか?ここが分からず、皆さんが困っているのです。

電験三種 翔泳社アカデミー

 
 

1-3 類題を解くことで、公式をどのように使うかが分かる

この悩みを解決するためには、まず類題をたくさん解くことです。当たり前のように思われますが、実は多くの人ができていません。

類題を解くことで、どの公式を使うかが分かるようになります。例えば、電位を問う問題が出たとします。電位を求める公式はいくつかあり、どれを使ったらよいか分からないという悩みをいただきますが、似たような問題を解いていくと、だんだんどちらを使うか分かってくるようになります。

類題だけを集中的に解く講座は、テーマ別攻略講座「計算問題攻略しよう!」シリーズなのです。この講座では、分野を細分化し、似たような問題を集めています。また、頻出公式もまとめているので、「この問題ではこの公式を使う」ということが分かります。

長年の実績と電験三種合格のノウハウを元に、過去問を分析できる翔泳社アカデミーならでは講座です。

・テーマ別攻略講座「計算問題を攻略しよう!」 理論
・テーマ別攻略講座「計算問題を攻略しよう!」 電力
・テーマ別攻略講座「計算問題を攻略しよう!」 機械
 
 

2. 電気書院の過去問題集の解説を解説!

翔泳社アカデミーでは、受講生からたくさんの悩みをいただきます。この講座もそんな受講生の悩みから開発した講座です。

受講生の過去問の質問で1番多いのが、電気書院の過去問題集からの質問です。その多くの質問の中で受講生がどこで質問が多いのかを分析しました。
 
 

2-1 問題文を読み上げるので、正しく理解することができる

受講生の質問では、問題を正確に理解していないがゆえに質問されるということがとても多いです。この講座では、最初に問題文を読み上げるところからスタートします。

問題文を読むことで、求めなければいけないものを明確にすることができます。受講生の質問を聞いていると、解答しなければいけないことがあやふやなまま問題を解いているので、使う公式に迷ってしまうという方が多くいらっしゃいます。

問題文をきっちりと理解し、求めるものを明確にしないと使う公式も選べません。まずは、正しく問題文を理解することから始めましょう。

電験三種 電気書院

 
 

2-2 質問の多くは、計算式が解けないから→そこを解説!

次に多い質問は、計算式が解けないという質問です。これは、式は立てられるけどその後の計算ができないというものです。

過去問題集の多くはページ数が限られている関係で、途中式が省略されているものが多くあります。そこで、分かりにくい式変形を重点的に解説しています。

式が立てられているのに、計算式が解けないことで解答ができないのは、とてももったいないことです。解答まであと一歩のところを解決することで合格へ近づくことができます。

・電気書院ユーザーのための「電験三種過去問題集 攻略ライブ講義」
 
 

3. 電験初心者におすすめ!直流と交流の基本がわかる!

翔泳社アカデミーでは、e-ラーニングで受講できる講座だけでなく、講習会も開催しております。初心者向けの入門講習会や、法規の計算問題に特化した講習会などがあります。

ここでは、大好評の入門者講習会についてご紹介します。その他の講習会について下記からご参照ください。

・翔泳社アカデミーの電験三種講習会

電験三種 講習会

 
 

3-1 電験三種の基礎の中の基礎!直流回路を解説

電験三種に合格する上で必須となっているのは、「直流回路」と「交流回路」です。この2つの分野は、その他の科目を攻略するためにも非常に重要です。

そして、「直流回路」は、「交流回路」の基本にもなります。「直流回路」で使う定理や公式は、「交流回路」でも使用することができます。「直流回路」は、電験三種の基礎中の基礎とも言える分野なのです。

この講習会では、その「直流回路」を初心者でもわかりやすく丁寧に解説いたします。詳しく知りたい方は下記からどうぞ。

・はじめての電験三種「オームの法則はわかるけど?」
 
 

3-2 電験三種に合格するには、交流回路の攻略がマスト!

電験三種でもっともよく出題されるのは、「交流回路」です。そして、この日本で使用されている電気も「交流回路」です。今後、電気主任技術者として働くための基本とも言えます。

「交流回路」を攻略することが、電験三種に合格するには必須です。この講習会では、初心者でも分かりやすいように、交流回路を攻略するためのコツを解説しています。

この「直流回路」と「交流回路」の講習会とセットで受講することで、電験三種の基本をより理解することができます。2つの講習会をお得に受講できるセット割もあります。

・はじめての電験三種「電気理論のきほん」
 
 

4. 翔泳社アカデミーにはその他いろいろな講座も開講中!

翔泳社アカデミーでは、その他にもいろいろな講座や講習会を開講しています。直前に腕試しができる「試験直前対策」やスキマ時間に重要な公式や法令を確認できる「Point Check!」などがあります。詳しくは、翔泳社アカデミーのHPをご覧ください。

・e-ラーニングで学習する 電験三種講座

・電験三種 講習会

電験三種 講座

 
 

5. まとめ:合格力を高めるならノウハウが詰まった講座で対策を!

これまで、翔泳社アカデミーの開講している講座を紹介してきました。1番大切なことは、電験三種に合格することです。

その合格するためのノウハウが詰まっているのは翔泳社アカデミーだけといっても過言ではありません。これは、長年の実績、多くの受講生の声を聞くことができ、社内に合格しているサポートスタッフが常駐している翔泳社アカデミーだからこそできることです。

合格力を上げるためには、合格のノウハウが詰まった講座で対策をとりましょう!
 
 

資料請求【無料】
【無料】メルマガ登録
閉じる
美奈子先生の電験講座