覚えておきたい自動制御のポイント

1.自動制御装置の種類

自動制御装置は、大きく分けると次の2つに分けることができます。

 

①追値制御

(制御目標値が変化する)

・追従制御(サーボ機構)

物体の位置や方位、姿勢などの機械的な変位を制御目標とし、時間と共に変化する制御目標に速応性よく追従する制御法

・比率制御

化学反応炉に送り込む複数の材料の比率を一定に調合するような、二つ以上の物質の比率を保つための制御

・プログラム制御

あらかじめ定められたプログラムに従い制御する方法

 

②定値制御

(正誤目標値が一定)

・自動調整

発電機の自動電圧調整器や水車の調速機など、制御系に外乱が入っても制御目標値に仕上がるように自動調整する制御法

・プロセス制御

工業製品の製造過程における温度、圧力、流量などが制御系に外乱が入ったとしても設定値に仕上げる制御方法

 

2.フィードバック制御の基本

20161014-1

 

制御結果を常に検出し、その値と制御目標との偏差量がゼロになるように自動制御する方式をフィードバック制御系といいます。

その基本構成を上図に示しています。

制御結果値と制御目標値を加え合わせ点で比較し、その偏差量がゼロになるように制御要素で操作します。

これを自動的に制御する方式をフィードバック制御系といいます。

カテゴリー: 機械
資料請求【無料】
【無料】メルマガ登録