・接地工事の省略が認められる場合とは

・接地工事の省略が認められる場合とは

電験三種の法規の文章問題で、よく接地工事の省略に関する問題が出題されています。
下記は、電気設備技術基準の解釈第29条の一部です。
ポイントとなる用語を中心に覚えておくようにしましょう。

(1)交流の対地電圧が150〔V〕以下又は直流の使用電圧が300〔V〕以下の機械器具を、乾燥した場所に施設する場合

(2)低圧用の機械器具を乾燥した木製の床その他これに類する絶縁性のものの上で取り扱うように施設する場合

(3)電気用品安全法の適用を受ける2重絶縁の構造の機械器具を施設する場合

(4)低圧用の機械器具に電気を供給する電路の電源側に絶縁変圧器(2次側線間電圧が300〔V〕以下であって、容量が3〔kV・A〕以下のものに限る。)を施設し、かつ、当該絶縁変圧器の負荷側の電路を接地しない場合

(5)水気のある場所以外の場所に施設する低圧用の機械器具に電気を供給する電路に、電気用品安全法の適用を受ける漏電遮断器(定格感度電流が15〔mA〕以下、動作時間が0.1秒以下の電流動作型のものに限る。)を施設する場合

(6)金属製外箱等の周囲に適当な絶縁台を設ける場合

(7)外箱のない計器用変成器がゴム、合成樹脂その他の絶縁物で被覆したものである場合

(8)低圧用若しくは高圧用の機械器具、第26条に規定する配電用変圧器若しくはこれに接続する電線に施設する機械器具又は第108条に規定する特別高圧架空電線路の電路に施設する機械器具を、木柱その他これに類する絶縁性のものの上であって、人が触れるおそれがない高さに施設する場合

=独学が不安なら、資料請求はコチラ=

カテゴリー:
資料請求【無料】
【無料】メルマガ登録
閉じる
美奈子先生の電験講座