メルマガ バックナンバー

第八回 電験三種の数学 ベクトルの使い方を覚える

こんにちは、翔泳社アカデミーです。
このメールマガジンは電験三種の合格ノウハウを発信しています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

電験三種の数学

ベクトルの使い方を覚える

ベクトルをマスターして「力」の概念を身に付ける

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

電験三種では、静電気力や磁力といった、力の計算問題が毎年のように出題されています。こうした問題では、クーロンの法則という公式を用いますが、クーロンの法則だけでは正解することができません。なぜなら、力を計算する場合「大きさ」と「方向」の2つのことを考えなければならず、クーロンの法則は、そのうち「大きさ」だけを求める公式だからです。

力の計算をマスターするためには、「大きさ」と「方向」の2つを考えるベクトルが必要です。そこで、今回は、ベクトルによる力の考え方とクーロンの法則の使い方について解説しましょう。

解説は、こちらをクリックしてください。

カテゴリー: メルマガバックナンバー
資料請求【無料】
【無料】メルマガ登録