メルマガ バックナンバー

第六回 電験三種の数学 三角比 対辺と底辺の見分け方

こんにちは、翔泳社アカデミーです。
このメールマガジンは電験三種の合格ノウハウを発信しています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

電験三種の数学

三角比 対辺と底辺の見分け方

三角比を使いこなして交流・電力の基礎力を付ける

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

電験三種では直角三角形をよく使います。直角三角形を使った考え方に三角比というものがあり、電験三種では重要なものです。三角比を理解するためには、「斜辺」「対辺」「底辺(隣辺ともいいます)の3つの辺を間違えないようにすることが重となります。3つの辺のうち「斜辺」は90°の角の向かい側の辺のことですので。簡単にわかりますが、「対辺」と「底辺」はあるルールを知っていないときちんと見分けることが難しくなります。今回はそのルールをマスターして「対辺」と「底辺」を間違えないようにしましょう。

解説は、こちらをクリックしてください。

カテゴリー: メルマガバックナンバー
資料請求【無料】
【無料】メルマガ登録