メルマガ バックナンバー

第十七回 電験三種の法規 力率改善の計算の要領を押さえる

こんにちは、翔泳社アカデミーです。
このメールマガジンは電験三種の合格ノウハウを発信しています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
電験三種の法規 力率改善の計算の要領を押さえる

力率改善がわかると法規、電力で使える
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

交流の電力は、皮相電力(単位は〔V・A〕)、有効電力(単位は〔W〕)、無効電力(単位は〔var〕)の3つを考える必要があります。その3つの電力をベクトルの直角三角形に表すことで、三角関数やピタゴラスの定理を用いた計算ができます。力率とは、皮相電力と有効電力の比のことで、力率改善とは力率を100%に近づけることをいいます。力率改善の計算では、改善前と改善後の電力の直角三角形を考え、これらを比較することで計算できます。

解説は、こちらをクリックしてください。

カテゴリー: メルマガバックナンバー
資料請求【無料】
【無料】メルマガ登録