メルマガ バックナンバー

第十二回 電験三種の理論 基準ベクトルは、 直列回路が電流、並列回路が電圧

こんにちは、翔泳社アカデミーです。
このメールマガジンは電験三種の合格ノウハウを発信しています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

電験三種の理論

基準ベクトルは、直列回路が電流、並列回路が電圧

交流回路の計算方法を整理する

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

交流回路はベクトル図を使って考えることが基本です。ベクトル図を理解するためには基準ベクトルがどれかということを知っておくことが重要となります。交流の直列回路と並列回路では、それぞれ基準ベクトルが決まっていますので、マスターにてベクトル図を理解できるようになっておきましょう。

解説は、こちらをクリックしてください。

カテゴリー: メルマガバックナンバー
資料請求【無料】
【無料】メルマガ登録