メルマガ バックナンバー

第十回 電験三種の理論  2つのコンデンサの合成静電容量 直列は「和分の積」、並列は「和」

こんにちは、翔泳社アカデミーです。
このメールマガジンは電験三種の合格ノウハウを発信しています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

電験三種の理論

2つのコンデンサの合成静電容量
直列は「和分の積」、並列は「和

コンデンサ回路の基礎を身に付ける

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

電験三種では、コンデンサに関する問題が出題されます。コンデンサの問題は、大きく分けて2種類出題されます。1つは静電気としての出題、もう1つは交流回路としての出題です。今回取り上げる2つのコンデンサの合成静電容量の求め方は、主に静電気の分野として出題されるときに使う公式で、回路計算の基本となります。

解説は、こちらをクリックしてください。

カテゴリー: メルマガバックナンバー
資料請求【無料】
【無料】メルマガ登録