メルマガ バックナンバー

平成30年度 第1回 よく間違う単語シリーズ!電束と電界 そして電気力線

~平成30年度 電験3種受験生のみなさんへ~

こんにちは、翔泳社アカデミーです。
仕事や学校に向かう電車の中で
ちょこっと見直してもらえるような
ポイントをまとめてみました。

今日みなさんに覚えていただきたいのは・・・

「 電束と電界 そして電気力線 」

です。

よく似ているこの言葉。
違いが何だったかおぼえていらっしゃいますか?

電界」とは…
電荷があるときに、他の電荷を近づけると静電力が働きますよね。
このように、静電力が働く空間を「電界」と言います。

一方、「電束」とは…
電界の様子を表すのに用いる仮想的な線です。

よく電界の様子を表すものとして「電気力線」が用いられますが、
では、「電束」と「電気力線」の違いは何だったでしょうか?

ポイントは、電荷が置かれている媒質によって、
「変化する数」なのか「変化しない数」なのかです。

「変化する」のは「電気力線」、
「変化しない」のは「電束」です。

これらを整理できていない方がたびたびいらっしゃいます。
試験で問われることもありますので、これを機に覚えておいてくださいね。

その他「電荷と電気量」など関連する内容はこちらをクリック

カテゴリー: メルマガバックナンバー
資料請求【無料】
【無料】メルマガ登録
閉じる
美奈子先生の電験講座