平成30年度 第8回 よく間違う単語シリーズ!「遮断器と断路器」|電験3種ネット

メルマガ バックナンバー

平成30年度 第8回 よく間違う単語シリーズ!「遮断器と断路器」

~平成30年度 電験3種受験生のみなさんへ~

こんにちは、翔泳社アカデミーです。

今年のメルマガのテーマは、
仕事や学校に向かう電車の中で
ちょこっと見直してもらえるような
ポイントをまとめてみました。

今日みなさんに覚えていただきたいのは・・・

「 遮断器と断路器 」

です。

どちらも開閉設備ですが、
どんな違いがあったか覚えていますか?

遮断器」とは…
事故電流の遮断をします。
大きな事故電流が流れたときに、
電流を遮断しようと開閉器を開放しても、
遮断できずに開閉器自体が壊れてしまいます。

断路器」とは…
電流が流れない状態で開閉します。
接続の変更や機器の点検、修理のときに
電源から切り離す役割をします。
流れている電流を遮断することはできません。

同じ開閉設備でも役割が違いますので、
しっかり理解して覚えておくようにしましょう。

ちなみに「負荷開閉器」はどんな開閉設備でしたでしょうか。
↓詳しくはこちらから↓
https://www.denken3.net/lecture-h/list/houki_q15/

カテゴリー: メルマガバックナンバー
資料請求【無料】
【無料】メルマガ登録
閉じる
美奈子先生の電験講座